鈴木住宅工房 地域づくり、住宅設計・建築情報など http://gontadeg.jp/

鈴木住宅工房@秋田県大仙市(旧仙北町)

大仙市 地域協議会主催による講演会案内

開催間近になったので著名人によるまちづくり講演会を案内をもう一度。
以下、大曲地域協議会のホームページからの抜粋です。
大曲地域協議会では、下記のような講演会を開きます。
日時:平成18年6月25日(日)午後1時から
会場:大仙市中仙市民会館ドンパル
講師:東京大学名誉教授の大森彌「地域自治の新たな可能性」
   秋田県南NPOセンター理事の高城憲子氏 「NPOと地域づくり」
   由利本荘市亀田地区コミュニテイィ協議会会長阿部一雄氏
   「住民自治の取り組みについて~自分たちでできることは自分たちの手で~」
その後、意見交換会が行われます。
住民自治に関心のある方は、当日、直接会場においでください。
  1. 2006年06月19日 14:25 |
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

Non Title

25日に中仙ドンパルで行われた講演会に行ってきての感想。
この会は旧市町村単位に設置された地域協議会の委員研修を兼ねて行われたもの。
はじめに市長からの挨拶があって、大森先生の講演へ。
以下、魁新報の記事(6月28日付け)より

栗林市長の挨拶
地方自治法に基づく一般制度の地域自治区を条例化している例は全国で17自治体だけ。地域協議会は手探りの状況だが、協働のまちづくりの核となる地域協議会の活性化は重要。

大森彌氏「地域自治の新たな可能性」と題しての講演
平成の合併で器が大きくなっても、従来の市町村のやり方のままでは意味がない。少数派だが大仙市のように新たな自治体像を目指しているところは苦労が多いが地域自治を強化すると確信する。地域自治区では、住民全員でまちづくりの企画・立案・実行まで関わる点がこれまでと違うと強調。地域総合支所の役割については、本庁の出先機関ではなく、住民とmちづくりを議論していく役割が重要。住民自ら考え、悩み、提案し取り組んでいくというあり方が新たな地域自治をひらく、と説いた。

結構、議会と役所への批判は強かったです。
大物学者が見捨てず大仙市に通っていただけるうちは、まだ未来に可能性があるということ。いろいろ実力を磨いていって欲しいもの。
  1. 2006/06/29(木) 21:10:51 |
  2. URL |
  3. すずき@管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://gontadeg.blog52.fc2.com/tb.php/70-a4c1bef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)