鈴木住宅工房 地域づくり、住宅設計・建築情報など http://gontadeg.jp/

鈴木住宅工房@秋田県大仙市(旧仙北町)

12/05のツイートまとめ

sonaara17

東松島市「野蒜復興新聞」は野蒜まちづくり協議会のホームページに掲載されることになったとのこと。http://t.co/52SGWwpo
12-05 21:21

ノルウェー視察メンバーによる提言が宮城県議会で取り上げられたらしい。どういうやりとりだったのか。
12-05 18:03

水産業の話は奥深いので、にわか勉強ではついてとてもじゃないけど着いていけないけど、まちづくりの方でも連動していかないといけない。まだまだ勉強不足です。
12-05 13:01

船上オークションは、一船買いできるようにならないといけない。水産加工施設の機械化・効率化、標準化の推進については、生産コードの記?管理を徹底し、世界標準の基盤整備が大事。船と加工場を近づけていくのであれば、防潮堤と加工場の一体化も必要かなと感じた。
12-05 12:59

VMS(衛星通信漁船管理システム)は、スイッチを自分でオフにできてしまうので、ログを記?して公開していかないと効果が期待できない。フィッシュポンプやRSW(海水冷却装置)の搭載可能性とその効果については、岸壁の海水が汚いので送水に必要な水量の確保に課題があること
12-05 12:57

資源管理は、魚種が限られる地域でモデルをつくりたいが、資源枠の「確かさ(信頼性)」を高めないといけない。イカのような1年しか生きないような魚では難しいし、ニシン、鮭、鱈のような卵を狙っている魚種での矛盾もあり。シーズンものの魚種はやりやすいだろう。
12-05 12:54

のっけから、TAC(漁獲枠)やIVQ(漁船あたりのクオータ)の話ではじまった。その実現の前提としては日本の資源生態の把握が肝である。とくに気仙沼で揚がる魚種の生態がよく分かっていない。さんまですらどこを回遊してどこで産卵しているのか、よく分かっていない。
12-05 12:54

昨日は、気仙沼市へ訪問しまして、ノルウェー視察メンバーからの提言書と報告書を添えて菅原市長と意見交換してきました。小野寺さん、大泉先生、新川先生(同志社大学)と私でうかがって、2時間にわたって内容の濃い意見を交わしてきました。
12-05 12:51

@go_dakazundo そういう地域を持っていることはとても羨ましい限りです。ずっと通ってもらうことでも、地域に貢献できます。交流人口が増えますので。週末居住という選択肢もありますし。
12-05 00:26

  1. 2012年12月06日 03:42 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://gontadeg.blog52.fc2.com/tb.php/665-448bddc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)