鈴木住宅工房 地域づくり、住宅設計・建築情報など http://gontadeg.jp/

鈴木住宅工房@秋田県大仙市(旧仙北町)

第2回地域連携シンポジウム(仙台)

宮城大学で第2回宮城大学地域連携シンポジウムが開催されます。詳細が決まりましたので案内致します。申し込みは私宛でも構いませんので、ご参加ください。

●テーマ  「地域産業振興における大学と地域連携の可能性」
●趣 旨
地方分権がうたわれ、道州制がいわれている。地方の時代にあって、特に、東北における各県の地域連携など、各県のあり方が問われ、わけても地域における産業振興が重要な課題の一つとされはじめた。本シンポジウムは、こうした時代的な背景の中にあって、今後の東北 地域の産業振興のあり方を討議し、その手法や戦略に、如何に大学が関わり、可能性を引き出すことができるか、について考えるものである。
●日時・場所
・日時 2006年12月2日(土) 13:00〜15:30
・場所 宮城大学大和キャンパス2階 大講義室

●シンポジウム
 総合司会 吉田俊子(宮城大学地域連携センター副センター長)
(1)開会挨拶  馬渡尚憲学長
(2)基調講演1 「地方分権時代の地域産業政策の方向と課題」
          増田寛也 岩手県知事
   基調講演2 「富県戦略と産学官連携」
          村井嘉浩 宮城県知事
(3)パネルディスカッション
   新川達郎(同志社大学大学院総合政策科学研究科教授)
    「大学と地域が連携するプラットフォームの課題」
   宮原育子(宮城大学事業構想学部助教授)
     「地域資源の活用と大学」
   増田寛也(岩手県知事)
   村井嘉浩(宮城県知事)
  ・コーディネーター:大泉一貫(宮城大学事業構想学部教授)
(4)閉会挨拶  山田晴義(宮城大学地域連携センター センター長)
    
●関連企画(共催)
 
 ・分科会1 「持続可能な交通とまちづくり」 10:00〜12:00(4階 講義室)
  吉田  朗  (東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科助教授)
  芦立千佳子 (NPO法人まちづくり政策フォーラム事務局長)
  小林 誠樹  (宮城県三里町企画財政課まちづくり推進課長)
  増田  聡  (東北大学大学院経済学研究科教授)

 ・分科会2 「農のあるまちづくり」  15:45〜18:00(4階 講義室)
  三浦隆弘 (芹農家 プチファーム(仙台市)農場長)
  須田知身 (エスク代表取締役 プチファーム(高崎市)主宰)
  鈴木 徹  (NPO法人自然農食みやぎ代表)
  大泉一貫 (宮城大学事業構想学部教授)

●交流会(日本地域ガバナンス学会主催)  18:10〜20:10(1階カフェテリア)
※交流会参加費お一人三千円(当日のお支払いになります) 

●問い合わせ・申込先  宮城大学地域連携センター
TEL 022(377)8414 FAX022(377)8421  E-mail renkei@myu.ac.jp

  1. 2006年11月22日 17:07 |
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://gontadeg.blog52.fc2.com/tb.php/131-f2650026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)