鈴木住宅工房 地域づくり、住宅設計・建築情報など http://gontadeg.jp/

鈴木住宅工房@秋田県大仙市(旧仙北町)

03/21のツイートまとめ

sonaara17

質疑応答。合意形成の方法が論点に。「反対意見」にも向き合うことが重要。反対意見を無視すると後々のわだかまりになる。まち協に参加していない人への情報発信も必須。いくら伝えても、私は聞いていないと言われることを覚悟する。
03-21 11:14

山元町では、まちづくり条例がないので、復興まち協の位置づけが曖昧。まち協からの提案が軽視される危険性を制度的にはらんでいる。これは山元町に限ったことではないが、より住民と行政との一体感の形成が今後はさらに重要。
03-21 11:03

平成11年は、川池自治会が設立される。平成12年には、花苗植え付け作業などを行う。その後もソフト事業を中心に実施されてきた。
03-21 11:00

平成9年には、クリーン作戦、オール電化ハウスの見学会、夏祭りなどが実施される。平成10年には、市民救急救命士講習会、自治会発足準備、部会の検討、もちつきなどを実施。
03-21 10:59

平成8年には、区画整理や建物再建等のまちづくりの勉強会を行い、地区計画などを検討したまちづくり計画その2を6月29日に決定。地区計画は11月5日に決定される。11月30日には仮換地指定が開始される。その頃、「通り・せせらぎ部会」「街並み・公園部会」が設置される。
03-21 10:57

まちづくり提案は、平成7年12月10日の臨時総会で決定され、12月18日に神戸市へ提出。その後もまち協での検討は続くが、ハードの内容からソフト(活動)の内容に変化していく。行事等を実施する主体へと変化していく。
03-21 10:54

まちづくり提案は総会で決定されるが、総会でも喧々がくがくの議論があり、なんとか了承を得た。この間、神戸市のコンサルタント派遣制度によって専門家が入っていた。総会も住民と住民の間に入って説明・調整役を果たす。
03-21 10:51

松本地区まちづくりの提案では、ハードの要望だけでなく、まちづくりを進めていくにあたって、住民参加による計画づくりやデザインを進めて欲しいということも盛り込む。
03-21 10:48

公園についても、2500㎡の街区公園を2カ所設置されたが、これも住民が意見を出し合った。憩いと安心のある公園とせせらぎ・緑道のネットワークを図ることに。住民が参加していこうとする気持ちに向けさせることに専門家の役割が重要。
03-21 10:46

住民意向にそった計画の実現は、住民だけは努力した訳ではなく行政のがんばりがあって実現したこと。国交省との交渉などは大変だったと。
03-21 10:43


歩道にはさらに水路「せせらぎ」を設置してもらうことに。震災時の火災に水がなくて対処できなかった反省を踏まえて、せせらぎの設置が認められる。その管理は住民が行っている。今でも月に1回の清掃が続いている。
03-21 10:42

とくに、まちの骨格となる道路「松本線」については、市から示された案では道路幅10m(内停車帯が両側に2mずつ)+歩道3.5m×2の17m幅。それに対して住民は、停車帯は通過車両が多くなりそうであるのと、駐車場かするとの懸念から、その分を歩道することを提案。
03-21 10:39

提案その1を受けて、第2段階都市計画が決定され、生活道路や減歩率を定めた区画整理事業計画が策定される。当然反対意見もあり、理解を得るためにまち協役員や専門家が奔走。
03-21 10:33

神戸市松本地区では、震災から半年後ぐらいにまち協が設立される。神戸は、「二段階都市計画」方式を実施。平成7年3月17日に第1段階都市計画が決定され、地区全体の骨格や核についてまち協と検討。各丁の区画道路や土地利用を各丁の小委員会で検討。そして松本地区まちづくり提案その1を提出
03-21 10:31

住民と行政だけでは、対立構造が発生したり、言葉が通じなかったりと、問題が起こりケースが多い。専門家も入って、まちづくりの三角関係がないと、なかなかまちづくりが先に進まない。
03-21 10:26

まち協はまちづくりを担う住民の組織体。行政は、地区の総意を示すまち協の意向を尊厳し、協働のまちづくりを目指す。「協働」という言葉は、川喜田二郎さんの著書ではじめて出てきたと。また、まち協は、住民と行政が一緒に協議する場。さらに専門家が入って三関係の構造。
03-21 10:23

まず、「まちづくり」とは、「一定の地域で住民が継続的に行う環境改善の行動や運動」。神戸市では、神戸市地区計画及びまちづくり協定等に関する条例(まちづくり条例、昭和56年制定)でまちづくり協議会の位置づけを保証されている。まち協の意向(まちづくり提案や地区計画)は、地区の相違である
03-21 10:19

本日、雪の中、坂元公民館(山元町)でまちづくりセミナー。講師は、おなじみ辻信一さん。演題は、「震災復興とまちづくり協議会」。
03-21 10:14

  1. 2014年03月22日 03:22 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://gontadeg.blog52.fc2.com/tb.php/1018-ac882b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)