鈴木住宅工房 地域づくり、住宅設計・建築情報など http://gontadeg.jp/

鈴木住宅工房@秋田県大仙市(旧仙北町)

仮設テーブル用の馬(テーブルの脚)をつくる

まちづくり政策フォーラムの出版パーティで使用するテーブルをDIYで作成した。以前から試してみたかった2×4でつくるFulton社製の「ウマ」のキット「sawhorse brackets ソーホース ブラケット」を購入してみた。キットといっても、黒い部分の金具ことである。偶然なのかどうか分からないが、英語でも日本語とおなじ「馬」という品物名称なのが面白い。
この金具があえて言うまでもないが、テーブル一つに4つ必要になる。一番小さいタイプだと、2個入りで351円。大きなタイプになると1405円。
テーブルの大きさは900×1800。
かかった費用は、
2×4(1800長さ)300円×3本
351円×2セット=702円
ベニア1枚900円
ビス24本(在庫使用、500円で計算)
合計:2702円
でした。
今回は3つ作ったが、使ってみてなかなか便利。
難点は馬はビスでとめて固定されるので、
結局持ち運ぶために一部ビスを外し解体しなければいけないこと。
もちろん軽トラックなどならそのまま運べる。
作成の留意点としては、作業は二人の方が効率が良いこと、ビスは長目のものを用意しておく必要があることぐらい。作業時間は1台2時間、慣れれば1時間もかからないだろう。
テレビや雑誌を見ているとアーティストや建築家のアトリエで良く使用しているようです。もともとアメリカで販売しているのか、なかなか日本のホームセンターでは見かけないが、作業台などの作成には便利な金具といえる。
RIMG0466.jpg

RIMG0403.jpg

  1. 2006年09月22日 14:59 |
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーラー充電器 バイオレッタVS01

今月24日から英国へ調査に行ってきます。
携帯、デジカメ、ビデオカメラ、PCなど、いつになく充電をしそうだったので、コンセントがなくても充電できるソーラーキッドを買ってしまった。
買ったのはグッドデザイン賞にも選ばれた太陽工房から販売されているバイオレッタという商品で仙台ヨドバシで購入。
昼に電池に充電されUSB経由で夜でもUSB軽油で携帯に充電可能。
ただ単三電池2本に15時間の充電時間を要するとのこと。
最近は防災への備えとして需用も伸びているかもしれません。
橙と紫の配色もなかなか思いつかないなあ(笑)
旅行で使ってみてまた感想をお伝えします。RIMG0190.jpg

  1. 2006年03月13日 17:32 |
  2. 道具
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1